スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさしいコルクマット(コルクの特徴)

コルクには優れた弾力性・非毒性・滑り止め性・防湿性・防腐性 吸音性・耐火性・絶縁性・断熱材・柔軟性など

の特徴が在るそうです。

コルクは、その柔軟性・気密性から、古代ギリシャ時代より、樽や瓶などの栓として利用されています。

特に、ワイン造りの歴史とは切り離せないものですね。 その他にも、ヨーロッパではとても身近な材料として、

各種の生活工芸品などに利用され続けているのです。

産業革命以後も、その耐衝撃性・絶縁性などから、工業的に重要な役割を果たしています。 断熱材、吸音材、耐火

性などの特徴があるので、コルクは屋根、天井、壁、床、内装、外装など建築物に利用する事ができます。
    
コルクは独自な物理的および機械的な性質が有る、圧縮しても、適当な天候や温度条件で、元のサイズを取り戻す

事が出来る性質が有ります。

以上の様に、古くから歴史があるコルクは科学技術が発達した今日も、代替品を作る事の出来ない、重要で貴重な

素材で有る事に間違いない素材です。


明日に続く・・・・・・
スポンサーサイト

やさしいコルクマット(素材編その2)

おはようございます。昨日の続きです。

コルクは発泡プラスチックのように多孔質で、弾力性があり水をほとんど通さないのですが通気性はわずかにあり、保温性に優れている。

代表的な利用製品はワインの瓶の栓や、野球の硬式球の芯、バドミントンのシャトルなどに使われている。
始めて収穫したバージンコルクは形が悪いのでワイン栓には普通使われな様です。

コルク栓を打ち抜いた後の端材は、粉砕して成型加工され、フローリング用床材や断熱材など、さまざまな用途に利用されてるみたいです。


コルクガシ(Cork Oak)はブナ科コナラ属の常緑高木(オーク)で、地中海地方原産。学名はQuercus suber.

地中海の温暖な気候を好み南欧、北アフリカに分布する。イベリア半島をはじめ、イタリアなどでもコルク製造のために栽培される。コルクガシはコルク生産目的だけではなく、現地では防砂林としても植えられているんです。

それでは、また明日に続く・・・・

やさしいコルクマット(素材編その1)

今やネットでは良く知られている。やさしいコルクマットの素材て?(天然コルクを使用)

コルクの樹皮画像


少し調べて見ました! コルクの素材編

コルクは本来はコルクガシの樹皮なんだって。採集する際に形成層などの生きた組織を痛めないように、樹皮のみをはいで製造する。コルクガシを植樹後、数年を経た時に、第1回目の剥ぎ取りをする様です。このときに得られた樹皮(バージンコルクて言われ)は表面が亀裂や凹凸が多いので、加工製品の素材としては適さないらしい。そのため、洋ランのような熱帯性の着生植物を着生状態で栽培する時の植え付け材として利用される。その後は数年ごとに再度厚く成長した樹皮を剥ぎ取って。この2回目以降に取られた樹皮は表面が平滑な均質性の高い材質なので、打ち抜いてワインなどの瓶の栓を製造する。剥ぎ取られた樹皮はまず高温蒸気処理を受ける。これによって樹皮は弾力を増やし、丸みがとれて平らに成って、打抜きやすくなる。打ち抜かれて残った樹皮は粉砕された後に接着剤と共に圧縮され、圧搾コルクとして利用される。

主な生産地は:ポルトガルであり、全世界の生産量の約52%を占める。ほかに、スペイン(29.5%)、イタリア(5.5%)、アルジェリア(5.5%)、モロッコ(3.7%)、チュニジア(2.5%)

疲れたので明日に続く~~(笑)


プロフィール

童里夢29

Author:童里夢29
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FCカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。